中国語を始める方へ

中国語を話せるようになるという「夢」

あなたが中国語の学習を始めようと思ったきっかけは何でしょうか?

「中国に旅行して楽しかった。もっと中国語が話せたらいいな‥‥」
「中国の映画や歌が好きで、中国語を聞けたらもっと面白いのに‥‥」
「中国語を使えたら、仕事で役に立つだろう‥‥」

中国語を学ぶ目的はさまざまでしょうが、「中国語を話せるようになる」ということは、あなたの夢を叶えるための第一歩となるはずです。

中国語を習得するという「覚悟」

では、中国語を習得するためには、何が必要なのでしょうか?

耳と口を繰り返し使うこと。そして、壁にぶつかっても諦めずに続けることです。

言うのは簡単ですが、外国語学習を始める前に、ある程度の「覚悟」は必要だと思います。

日本の中学校や高校では、英語の授業はあるものの、一般的に、中国語の授業はありません。中国語に関連する科目があるとすれば、漢文くらいでしょう。

しかも、日常生活において、中国語は、英語ほど接する機会もないため、上達するためには個人の努力が大いに求められるのです。

中国語についての4つの基礎知識

とは言っても、中国語は、日本人にとって身近な「漢字」を使っています。その点、日本人にとっては、中国語は、はるかに理解しやすく、「全くの初心者」にとっても馴染みやすい言語でもあると言えるでしょう。

しかしながら、日本の漢字と中国の漢字では多少の違いがあります。中国語学習を本格的に始める前に、中国語について基本的な知識について知っておくと、学習がスムーズに進むでしょう。

  • 中国語の文字はすべて漢字です。漢字には、簡体字(かんたいじ)と繁体字(はんたいじ)の2種類の文字体系があり、地域によって、使っている文字体系が異なります。
    ▼簡体字・繁体字とピンインの例
    簡体字电话乌龙茶
    繁体字電話烏龍茶
    ピンインdiàn huàwū lóng chá
    発音ディエンホアウーロンチャア
  • 中国語には、北京語や上海語、広東語など、数種類の「方言」が存在しています。それぞれの「方言」は、発音も異なり、互いに耳で聞いただけではほとんど理解されません。その中でも、一般的に「北京語」と言われている言葉が標準語で、中国では「普通話(ふつうわ/プートンホア)」と呼ばれています。
  • 中国語の発音表記のことを「拼音ピンイン」と言います。アルファベット(ローマ字)を使ってそれぞれの漢字の読み方を表します。
  • 中国語文法の軸は「語順」です。それを理解すればきっと乗り越えられると思います。何を先に言うか、その後に何を置けばいいかということを意識すれば、文法はそれほど怖くありません。

中国語の基本知識としては以上の4点で十分だと思います。

中国語学習の4つのポイント

それでは、どこからスタートすればいいのでしょうか?

  • まずは「拼音ピンイン」。つまり、発音こそがもっとも大切な要素だといえます。発音がよければ、多少文法が間違っても通じます。逆に、どんなに文法が正しくても、発音が悪ければ通じません。
  • そして、中国語の文法。文法の軸は語順です。基本文型(基本的な文の形)を覚えましょう。
  • 基本文型と同時に、単語量を増やしていきましょう。
  • 読む(音読)、聴くを繰り返しましょう。

勉強の順番、方法に関して以上の4点を上手に組み合わせて学習すれば、「話せる」という夢はきっと実現できるでしょう。

中国語を「理解する」のではなく、「知る」

私たちの考えでは、語学には「分かるか/分からないか」という基準はなく、「知っているか/知らないか」という基準しかありません。

つまり、中国語を理解しようとするのではなく、中国語を知る(覚える)という心構えが語学には必要なのです。

私たち「じゃるか中国語アカデミー」は、皆さんを中国にいざなう案内人であり、中国語という未知の世界を一緒に探検する友でありたいと願っています。

さあ、私たちといっしょに旅に出てみませんか?

ページ上部へ